ホーム > 大阪 > 大阪でウォーターサーバーのメリット・デメリットを検証

大阪でウォーターサーバーのメリット・デメリットを検証

災害などのたびに、消費者の不安をあおり、水道水の危険性をうたい、水道水より安全であるかのように、ウォーターサーバーを売り込む業者が特に大阪で増えています。消費者には、ありもしないような、大阪の水道水の危険性を聞かされ、あたかもウォーターサーバーの宅配水のほうが安全であるかのように思いこまされます。たしかにウォーターサーバーの方が安全と言えなくはないですが、大阪の水道水が危険というのはウソだと思います。あくまで、利用者側が、大阪の水道水かウォーターサーバーかを選択するだけで、危険だからウォーターサーバーを選択するというのはおかしな話です。

 

大阪のウォーターサーバーを比較すると、クリクラ、アクアクララ、コスモウォーターが大手でしょうか。よく売れているようです。みなさんも、ウォーターサーバーのメリットデメリットをよく理解したうえで、買うようにしましょう。

 

■ウォーターサーバーのメリット

・水を運ぶ手間が無くなる

・冷水や温水も使ってみると便利

・お米を炊くとツヤツヤでおいしい

・災害の時に役に立つ

・赤ちゃんにも安全な水を飲ませられる

・水道水は危険

 

■ウォーターサーバーのデメリット

・置き場所が必要

・電気代やサーバー代がかかる

 

■ウォーターサーバーのグレーゾーン

・ウォーターサーバー安全神話の崩壊

・水道水の方が安全

・水道水と比べておいしさはさほど変わらない

・水道水に比べて水質検査基準がかなりゆるく検査項目も少ない

・天然水は高価だが安全とはいえない

・一生涯飲み続けても健康への悪影響が出ないといえない

・水道水のような農薬類や発がん性物質の水質検査をしていない。

・サーバー水の安全確保は消費者の管理責任

・サーバー器自体の危険性・幼児の障害事故多発

・水の保存期間(消費期限)があいまい